里見香奈先生。棋士編入試験決定! 記事はこちら!

将棋用語。「Z」とは。意味、危険度、実例。まとめて徹底解説

用語解説
  • URLをコピーしました!
将子ちゃん

将棋ででてくる、「Z」ってなに?
終盤にでてくるものだよね。

将棋ポータル編集部

「Z」は、「絶対(Zettai)つまない」の頭文字です!「Z」と必至の組み合わせで必勝となります。

ということで本記事で「Z」と必至の組み合わせが必勝な理由と具体例についてバッチリまとめました。これで、終盤を観るのがもっと楽しくなるはずです!

将子ちゃん

「Z」!面白そう。もっと知っていたほうが楽しいよね。くわしく教えて!

将棋ポータル編集部

おまかせください!

この記事を読むと
  • 「Z」とはなにかがバッチリわかります!
  • 「Z」の具体例もわかります!
  • 将棋を観るのがもっと楽しくなります!!

それでは始めていきましょう!

目次

「Z」の基本

将子ちゃん

まずは、「Z」の基本的な考え方がしりたいな!

将棋ポータル編集部

おまかせください!

将棋は対局相手より1手でもはやく王を取れれば勝ちというゲームです。

将子ちゃん

そうね。

将棋ポータル編集部

いちばんいいのは、対局相手の王を詰みにすることですが、そのつぎにいいのは必至とすることです。

将子ちゃん

以前おしえてもらったこの記事のおはなしだね。

将棋ポータル編集部

はい!
必至の状態から逆転するには、相手の王を詰みとするしかありませんというお話でした。つまり、必至+詰みがないという状態であれば勝ちです。

将子ちゃん

わかってきた!
だから、「Z」をつくって必至をかける形にするのを目指すってことか。

将棋ポータル編集部

そのとおりです!
では、つぎから具体的にみていきましょう。

持ち駒に関係ない「Z」

将棋ポータル編集部

いちばんわかりやすいのは、相手にどんな持ち駒があっても、「Z」。ぜったいに詰まない形となっている例です。

・そもそも1手で王手がかからない形
・王手の後の手がない形

2つ見ていきます。

将子ちゃん

ふむふむ。

そもそも1手で王手がかからない形

将棋ポータル編集部

そもそも1手で王手がかからない形の代表例は穴熊です。

振り飛車版の穴熊の手順
将子ちゃん

たしかに。穴熊が完成していれば、対局相手は1手では絶対に王手がかけられないよね。

王手の後の手がない形

将棋ポータル編集部

ではつぎに王手の後の手がない形をみていきましょう。
たとえば、美濃囲いが完成しており、対局相手の攻めゴマがせまっていない場合。

美濃囲いの手順
将子ちゃん

王手だけならば、「1の八」「3の九」からや、場合によっては「3の六」や「1の六」に桂馬を打てばできるね。

将棋ポータル編集部

そのとおりです。
対局相手の攻めゴマがせまっていない場合には、王手の後の手がないので、「Z」となります。

持ち駒に関係する「Z」

将棋ポータル編集部

では持ち駒に関係する「Z」をみていきましょう。
今回も美濃囲いを例に考えます。

美濃囲いの手順
将子ちゃん

えっ?「王手の後の手がない形」なんじゃないの?

将棋ポータル編集部

はい。ただし、
・対局相手の角がこちらの王の筋にある
・対局相手が金か飛車を持っている

という2つ条件を追加します。この場合は対局相手に桂馬だけは持たれてはいけません。

参考:日本将棋連盟

将子ちゃん

あ!美濃囲いのときに教えてもらったやつだね。

将棋ポータル編集部

そのとおりです!
つまり、「桂馬」を対局相手に持たれなければ「Z」。持たれたら「Z」ではない。という持ち駒に関係する「Z」の状態になります。

将子ちゃん

なるほど。
棋士・女流棋士の先生たちの対局だと、これがもっと複雑になってくるってことなのかな。

将棋ポータル編集部

おっしゃるとおりです。
「Z」なのか、そうではないのか。最終盤では棋士・女流棋士の先生たちは念入りに読みを入れています!

まとめ

将子ちゃん

「Z」。今回の記事でちゃんと理解できたよ!
終盤の将棋の見かた。たのしみ方がより増えたと思う!

将棋ポータル編集部

ありがとうございます。「Z」を意識されると、取られていいコマ。だめなコマ。そんな展開も見えてきて、いままで以上に終盤をみるのが楽しくなっていると思います!

今後も「Z」について、追記していきます。「Z」について、あなたの「ココが知りたい。」「こんな話もあるよ!」をコメント欄にて、ぜひお知らせください。

最後まで読んでいただき有難うございました!

\ 楽しい記事がいっぱい! /

用語解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よろしければシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

まとめてチェック!将棋のニュース。将棋ファンが気軽に集まれるWebスペースを目指しています。

目次
閉じる