師弟トーナメント2022。絶賛開催中! 記事はこちら!

第1回ABEMA師弟トーナメント。独断。感動の名場面「6選」。

一般棋戦アーカイブ
将子ちゃん

第1回ABEMA師弟トーナメント
本当に面白かった!棋士のみなさんが、あんなに感情を表に出すのも驚いたし、あんなに将棋をみていて感動したこと無いってくらいだったよ!

将棋ポータル編集部

私も毎週感動していました!
名場面もたくさんうまれましたよね。感動の記録を残すために、独断で6つの名場面について魂をこめてまとめました。

将子ちゃん

楽しそう!
私の思っている名場面と同じかな?

将棋ポータル編集部

一緒にみて、第1回ABEMA師弟トーナメントの感動場面を振り返っていきましょう!!

この記事を読むと

それでは始めていきましょう!

目次

名場面:第6位〜4位

第6位:中田功八段のプロ意識。道。【師匠サミット。他。】

まず、中田功八段。第1回ABEMA師弟トーナメントを語る上で絶対にはずせないのが、師匠サミットでの「道」のお話です。

一番弟子である佐藤九段への思いについて「弟子にした時、対局も勝てなくてすごくつらい時期だった。(師匠の)大山康晴十五世名人が亡くなられて3年ぐらい。自分が歩む道が迷子になっていた時、佐藤天彦・9歳の手を引いて歩いた。自分はどんな師匠になればいいだろうと迷いながら歩いていたら、彼が先に行って道を示してくれた」と語ると、MCやファンの涙を誘うことにもなっていた。

引用元:中田功八段の一門が「大ピンチですよ」弟子たちが他のベテラン棋士の元に流出危機?視聴者「よこせww」「中田先生面白すぎ」

さらに本戦に入っても。対局でも、トークでも。中田功八段は第1回ABEMA師弟トーナメントを盛り上げます。予選Bリーグ。チーム中田vsチーム森下の対戦でも、佐藤天彦九段が2敗したなか、中田功八段が大奮闘。最終局を、「あとを(佐藤)「天」(彦)に任せた。」との名言を残されます。

佐藤天彦九段は、運命の5局目を勝利。対局後、さらに「大山先生に増田(升田幸三実力制第四代名人と同じ音)に負けたとは報告できないので良かった。」など、名言を連発されていらっしゃいました。

将棋ポータル編集部

中田功八段の師匠。大山康晴十五世名人の終生のライバルが升田幸三実力制第四代名人。とっさに「升田と増田」をかけたお話が出てくるのは本当に感動しました。ほかにも、中田功八段のお話はどれも面白く、感動しっぱなしでした。

佐藤天彦九段は升田幸三実力制第四代名人のファンです。


参考記事:中田功八段、あちこちで胸中がダダ漏れ「頭ポリポリすんな」「どうなっとんじゃ、おれは」/将棋・ABEMA師弟トーナメント

第5位:名解説。中村修九段。【予選Bリーグ】

第1回ABEMA師弟トーナメントを盛り上げる解説陣。そのなかでも、中村修九段の名解説はネット上でも非常に話題を呼びました。

予選Bリーグの一位決定戦。佐藤天彦九段と梶浦宏孝七段の対局での、梶浦宏孝七段の根性の受けや、各対局の投了図の説明など。非常にわかりやすい解説をされたとともに、「うわっ!そっち!」「竜、竜、りゅりゅりゅりゅー」など若々しい発言。リアクションで、対局をさらに盛り上げてくださいました。

将子ちゃん

予選Bリーグ。一位決定戦でも解説をされていらっしゃいました。この試合は総合司会が香川愛生女流四段。そして、その師匠が中村修九段。ここも、師弟で第1回ABEMA師弟トーナメントを支える隠れた名シーン・・・でしたね!

参考記事:ベテラン棋士、気づいてしまった痛恨の一手に口元が混乱「竜、竜、りゅりゅりゅりゅー」/将棋・ABEMA師弟トーナメント

第4位:永遠の戦友。ライバル。チーム深浦vsチーム木村。【予選Aリーグ】

深浦康市九段と木村一基九段は、永遠の戦友。ライバルともいえる関係です。そんな関係もあってか、第1回ABEMA師弟トーナメントで、チーム深浦チーム木村は、唯一2度対戦したチーム同士となりました。

深浦康市九段は、一回戦第二試合二局目。のインタビューで「チーム木村が一番強いと思っていた」と話されたり、木村一基九段も普段の明るいトークとはガラっと変わって超集中モード。そんな師匠同士の熱がつたわったのか、普段淡々としている高野智史六段も、二位決定戦四局目。佐々木大地七段との激闘で声が震えていらっしゃいました。

2回目の対戦。二位決定戦はフルセットの激闘。第1回ABEMA師弟トーナメントは弟子が話題の中心となりがちですが、チーム深浦チーム木村は師匠同士の関係にも熱がこもったカードといえるのではないでしょうか。

将棋ポータル編集部

深浦康市九段と木村一基九段は、お互い王位のタイトルをめぐっての激闘をくりひろげ、年齢を重ねてから初タイトルを獲得しているという共通点もあります。また、第1回ABEMA師弟トーナメントの師匠サミットで、中田功八段がお話されていましたが、佐藤天彦九段の修行時代を深浦康市九段と木村一基九段は、同じ研究会で支えたという仲でもあります。本当にいろいろなドラマがありますね。

参考記事:チーム深浦、フルセットの激闘制し2位で本戦進出決定/将棋・ABEMA師弟トーナメント

名場面:第3位〜1位

第3位:飛翔。都成竜馬七段。気合の飛車切り。【予選Bリーグ二位決定戦】

予選Bリーグ1局目。都成竜馬七段と増田康宏六段との対局は、双方とも穴熊に囲う膠着した戦局となりました。この局面を打破したのは、中盤での都成竜馬七段の思い切った飛車切り。時間。プレッシャーとの戦いのフィッシャーの対局の中、ズバッとした「7九飛成」。

ABEMAトーナメントで非常によく出てくる穴熊。それを打破したのも、ABEMAトーナメントらしい思い切った飛車切りの決断。「これぞABEMAトーナメント!」といえる一局でした。

将子ちゃん

解説の戸部誠七段も、相手チームの森下卓九段も驚かれたノータイムでの飛車切りだったね!

参考記事:チーム谷川が“飛翔”今大会初勝利、予選突破にあと1つ/将棋・ABEMA師弟トーナメント

第2位:棋士の矜持。森下卓九段。中田功八段【予選Bリーグ】

ABEMAトーナメントは、フィッシャー。超早指しで指されます。そのため、対局は普段では考えられないほど乱れます。持ち駒を置く駒台が乱れることも少なくなく、特に終盤。持ち時間がないときには仕方がない面もあります。

予選Bリーグでの、森下卓九段と中田功八段との対局。秒読みに追われる中、中田功八段の駒台から駒がこぼれ落ちます。それを一緒に探したのが森下卓九段。そのあと、森下卓九段も駒を落とし、時間内に「指した」ことにするために、地点を指差し「飛車」を宣言。その意思を受け止めて「はい」と中田功八段が確認し対局は無事続行されました。

勝負に全身全霊を傾けつつも、対局相手を思いやる姿勢。棋士としての矜持に、ますますABEMAトーナメントファンが増えた場面だったのではないでしょうか。

将棋ポータル編集部

棋士の対局相手をリスペクトする姿勢。ファンを魅せる姿勢も大事。との想いがビシビシとつたわってくる感動場面でした。

参考記事:戦いの中にも礼儀あり 切れ負け寸前の事態も対局者同士が気遣い「なんて素晴らしい」「皆良い人すぎて泣くわ」/将棋・ABEMA師弟トーナメント

第1位:畠山鎮八段。魂の大逆転。感動の初優勝。【決勝戦】

大熱戦の続く第1回ABEMA師弟トーナメント。決勝戦も第5局。フルセットにもつれます。最終局の対局者は、梶浦宏孝七段と、畠山鎮八段。最終局に斎藤慎太郎八段ではなく、畠山鎮八段が登場したこと自体に、驚いた方も多い中、対局そのものも大熱戦となりました。

最終盤、梶浦宏孝七段の勝勢のなか、畠山鎮八段が見せた怪しい「5五銀」。一瞬のエアポケットに入ってしまったのか、つい梶浦宏孝七段が「同歩」と応じ、頓死の筋に。大逆転でチーム畠山の勝利となりました。

最終局が終わった後の、畠山鎮八段のインタビュー。「自分の棋士人生で優勝に縁があるとは思っていなかった。斎藤くんのおかげです。」の、男泣きに感動した視聴者の方も多いのではないでしょうか。

将子ちゃん

ほかにも、鈴木大介九段から梶浦宏孝七段への、「将棋でガッツは1%しか意味はないが最後で勝負を分けるのはその1%」との言葉も本当に心がゆさぶられたよ。本当に第1回ABEMA師弟トーナメント。最高だったよ・・・!

参考記事:鈴木大介九段、逆転負けの弟子に「将棋でガッツは1%しか意味はないが最後で勝負を分けるのはその1%」ファンが“名言認定”/将棋・ABEMA師弟トーナメント

まとめ

将子ちゃん

第1回ABEMA師弟トーナメント。本当にいろいろ名場面があったよね。
面白かった!ありがとう!

将棋ポータル編集部

そう言っていただけるとうれしいです。第2回。ABEMA師弟トーナメント2022も楽しみですね!

第1回ABEMA師弟トーナメントで数々あった「名場面」。あなたの思う「名場面」をコメント欄にて、ぜひお知らせください。

最後まで読んでいただき有難うございました!

\ 楽しい記事がいっぱい! /

一般棋戦アーカイブ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よろしければシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京生まれ東京育ち。東京将棋会館の近所に長年在住。友人に誘われ小学生2年で将棋をはじめる。最近は四間飛車党。将棋を観るのも指すのも大好き。ホープ軒のラーメンとモスバーガーは青春の1ページ。ヤクルトファン。

目次