棋聖戦。方式・歴史・歴代タイトルホルダー・賞金。まとめ。

八大棋戦アーカイブ
将子ちゃん

棋聖戦って、90期以上開催されているのよね。
・・・もしかして、90年以上前から開催されているの?

将棋ポータル編集部

いえ。
棋聖戦は1994年までは1年に2期開催されていたため、90期を超えた棋戦となりました。

・・・ということで本記事では、棋聖戦の開催形式、歴史、歴代タイトルホルダー、賞金についてまとめました。

将子ちゃん

よろしく!更新も期待しているね。

将棋ポータル編集部

おまかせください!

※ 随時更新いたします。

この記事を読むと
  • 棋聖戦の開催形式がバッチリわかります!
  • 棋聖戦の歴史がわかります!
  • 棋聖戦の歴代タイトルホルダーもお伝えします
  • 将棋を観るのがもっと楽しくなります!!

それでは始めていきましょう!

目次

棋聖戦。タイトル挑戦・獲得までのロードマップ。

将子ちゃん

棋聖戦に参加できるのは誰?
どうすれば、タイトル戦に挑戦できるの?
持ち時間は?

将棋ポータル編集部

棋聖戦の開催形式は以下の通りとなっています。
すべてを勝ち抜けばタイトル戦。わかりやすい開催方法です。

一次予選

開催時期:5月〜8月

シード者以外の順位戦C級1組以下の棋士と、女流棋士2人によりトーナメント形式で行われる。8人が二次予選に進む。なお、シード者以外の順位戦C級1組以下の棋士であっても、前期の戦績によっては二次予選からの出場となる場合がある。

引用元:wikipedia
将子ちゃん

一次予選は女流棋士も参加できるのね。

将棋ポータル編集部

はい。
女流棋士2名は、複数タイトルホルダー・女流名人女流王将・その他タイトルホルダー・成績上位者の優先順位で2名を決定します。

二次予選

開催時期:9月〜1月

一次予選の勝ち抜き者8人と、本戦シード者以外の棋士によりトーナメント形式で行われる。棋聖戦五番勝負出場経験者、前期決勝トーナメント進出者は、C級1組以下であっても二次予選からの出場となる。81期よりシード人数が変動することになり、勝ち抜け枠は8人以上で毎年変動するようになった。

持ち時間は各3時間。

引用元:wikipedia
将子ちゃん

つまり・・・。
決勝トーナメントは16人で行われる。決勝トーナメントから出場する先生以外をここで決める、ということだね。

将棋ポータル編集部

そのとおりです!

決勝トーナメント

開催時期:2月〜4月

シード者4~8名(前期ベスト4以上(4名)+その他シード者(0~4名))、二次予選の勝ち抜き者8~12名、計16名が参加する。持ち時間は各4時間。

引用元:wikipedia
将子ちゃん

決勝トーナメント参加者は16名。
4回勝てば挑戦者ってことね!

将棋ポータル編集部

おっしゃるとおりです!

タイトル戦

開催時期:6月〜7月

将子ちゃん

タイトル戦。いちばん盛り上がるよね!

将棋ポータル編集部

はい。棋聖戦は五番勝負となっています。

棋聖と挑戦者が五番勝負を戦う。他のタイトル戦と同様、五番勝負は、全国各地の旅館・ホテルや料亭などで実施される。1996年以降、五番勝負のうち1局がホテルニューアワジで開催されることが恒例となっている。持ち時間は各4時間で、1日制である。

引用元:wikipedia

棋聖戦の歴史

将子ちゃん

棋聖戦っていつから始まっているの?

将棋ポータル編集部

棋聖戦は、1962年にはじまりました。
歴史のある大会で、1962年から1994年までは年間2期タイトル戦が行われていました。

将子ちゃん

年間2期ってすごいね!

棋聖戦の歴代タイトルホルダー

将子ちゃん

うーん・・・。壮観。

将棋ポータル編集部

連覇の時期と1期でタイトルホルダーが変わる時期。
いろいろな時期がありますね。

年度優勝者成績相手
11962年大山康晴3−1塚田正夫
21963年大山康晴3−0二上達也
31963年大山康晴3−1升田幸三
41964年大山康晴3−2関根茂
51964年大山康晴3−0本間爽悦
61965年大山康晴3−2升田幸三
71965年大山康晴3−2二上達也
81966年二上達也3−1大山康晴
91966年大山康晴3−0二上達也
101967年山田道美3−1−1千日手大山康晴
111967年山田道美3−2中原誠
121968年中原誠3−1山田道美
131968年中原誠3−1大山康晴
141969年中原誠3−0山田道美
151969年内藤國雄3−1中原誠
161970年大山康晴3−1内藤國雄
171970年中原誠3−0大山康晴
181971年中原誠3−1大山康晴
191971年中原誠3−1二上達也
201972年中原誠3−2内藤國雄
211972年有吉道夫3−1中原誠
221973年米長邦雄3−1有吉道夫
231973年内藤國雄3−2米長邦雄
241974年大山康晴3−1内藤國雄
251974年大山康晴3−0米長邦雄
261975年大山康晴3−1二上達也
271975年大山康晴3−0二上達也
281976年大山康晴3−2桐山清澄
291976年大山康晴3−1米長邦雄
301977年大山康晴3−1森雞二
311977年中原誠3−2大山康晴
321978年中原誠3−0有吉道夫
331978年中原誠3−1二上達也
341979年中原誠3−1加藤一二三
351979年中原誠3−0淡路仁茂
361980年米長邦雄3−1中原誠
371980年二上達也3−1米長邦雄
381981年二上達也3−0中原誠
391981年二上達也3−0加藤一二三
401982年森雞二3−0二上達也
411982年中原誠3−1森雞二
421983年森安秀光3−2中原誠
431983年米長邦雄3−1森安秀光
441984年米長邦雄3−0谷川浩司
451984年米長邦雄3−2中村修
461985年米長邦雄3−1勝浦修
471985年米長邦雄3−0中村修
481986年桐山清澄3−1米長邦雄
491986年桐山清澄3−1南芳一
501987年桐山清澄3−0西村一義
511987年南芳一3−0桐山清澄
521988年田中寅彦3−2南芳一
531988年中原誠3−2田中寅彦
541989年中原誠3−1南芳一
551989年中原誠3−2屋敷伸之
561990年屋敷伸之3−2中原誠
571990年屋敷伸之3−1森下卓
581991年南芳一3−2屋敷伸之
591991年谷川浩司3−0南芳一
601992年谷川浩司3−1郷田真隆
611992年谷川浩司3−0−1持将棋郷田真隆
621993年羽生善治3−1谷川浩司
631993年羽生善治3−2−2千日手谷川浩司
641994年羽生善治3−1谷川浩司
651994年羽生善治3−0島朗
661995年羽生善治3−0三浦弘行
671996年三浦弘行3−2羽生善治
681997年屋敷伸之3−1三浦弘行
691998年郷田真隆3−0屋敷伸之
701999年谷川浩司3−0郷田真隆
712000年羽生善治3−2谷川浩司
722001年郷田真隆3−2羽生善治
732002年佐藤康光3−2郷田真隆
742003年佐藤康光3−0丸山忠久
752004年佐藤康光3−0ー1千日手森内俊之
762005年佐藤康光3−2羽生善治
772006年佐藤康光3−0鈴木大介
782007年佐藤康光3−1渡辺明
792008年羽生善治3−2佐藤康光
802009年羽生善治3−2木村一基
812010年羽生善治3−0深浦康市
822011年羽生善治3−0ー1千日手深浦康市
832012年羽生善治3−0中村太地
842013年羽生善治3−1渡辺明
852014年羽生善治3−0森内俊之
862015年羽生善治3−1豊島将之
872016年羽生善治3−2−1千日手永瀬拓矢
882017年羽生善治3−1斎藤慎太郎
892018年豊島将之3−2羽生善治
902019年渡辺明3−1豊島将之
912020年藤井聡太3−1渡辺明
922021年藤井聡太3−0渡辺明
932022年藤井聡太3−1−2千日手永瀬拓矢

参考:wikipedia

将棋ポータル編集部

永世棋聖の称号は、棋聖位を通算5期獲得することで獲得となります。永世棋聖の称号をお持ちの先生は、大山康晴十五世名人、中原誠十六世名人、米長邦雄永世棋聖、羽生善治九段、佐藤康光九段、の五人となります。

棋聖戦の賞金

将子ちゃん

棋聖戦の賞金の対局料やタイトル料はどうなっているの?

将棋ポータル編集部

日本将棋連盟の公式ページではタイトル料含め、賞金の記載がありません。公式からの発表があり次第、ご報告いたします。

まとめ

将子ちゃん

なるほど。棋聖戦の開催形式がわかったよ!

将棋ポータル編集部

ありがとうございます。次の棋聖戦にどなたがなられるのか。目が離せませんね。

今後も棋聖戦について、追記していきます。棋聖戦について、あなたの「ココが知りたい。」「こんな話もあるよ!」をコメント欄にて、ぜひお知らせください。

最後まで読んでいただき有難うございました!

\ 楽しい記事がいっぱい! /

八大棋戦アーカイブ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よろしければシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京生まれ東京育ち。東京将棋会館の近所に長年在住。友人に誘われ小学生2年で将棋をはじめる。最近は四間飛車党。将棋を観るのも指すのも大好き。ホープ軒のラーメンとモスバーガーは青春の1ページ。ヤクルトファン。

目次