師弟トーナメント2022。絶賛開催中! 記事はこちら!

愛知の英雄。杉本昌隆先生。藤井聡太先生の師匠として。まとめ

騎士アーカイブ
将子ちゃん

杉本昌隆八段といえば・・・。
まずは、藤井聡太竜王の師匠!だよね。

将棋ポータル編集部

はい。
杉本昌隆八段は藤井聡太竜王の師匠。・・・ですが、それ以前に愛知県の英雄でもあります。ご自身も50歳を超えてなお好成績を維持され、弟子の育成でも実績をあげられているすごい先生なのです!
そんな杉本昌隆八段のお話。ここまでの道のりをまとめさせていただきました!

将子ちゃん

なんか面白そう。杉本昌隆八段のこと。もっと知りたい!
まとめて教えて!

将棋ポータル編集部

おまかせください!

この記事を読むと
  • 杉本昌隆八段のいままでの実績をまとめてチェックできます!
  • 杉本昌隆八段の挑戦の歴史がバッチリわかります!
  • 将棋を観るのがもっと楽しくなります!!

それでは始めていきましょう!

目次

杉本昌隆八段の挑戦の歴史。

将棋ポータル編集部

では最初に。杉本昌隆八段の、棋士としての歩みをまとめました!

将子ちゃん

たのしみね!

STEP
将棋との出会い
将棋ポータル編集部

杉本昌隆八段は愛知県名古屋市のご出身です。

小2のころ、将棋のルールを覚えます。すぐに将棋教室に通い出し、「この子はすごい天才少年だ!」と騒がれます。

将子ちゃん

「この子はすごい天才少年だ!」。
やっぱり棋士になる先生は子どものころから騒がれることが多いね。

将棋ポータル編集部

そのとおりなのですが・・・。
このころ、杉本昌隆八段の心は将棋から少し離れます。続きをみていきましょう。

参考記事:wikipedia
参考記事:将棋棋士・杉本昌隆さんロングインタビュー。「藤井聡太二冠に続く若い棋士を育てるのが私の使命」

STEP
板谷一門
将棋ポータル編集部

小4で、板谷一門の大先輩。大村和久八段の教室に通ったのが杉本昌隆八段にとっての大きな転機となります。大村和久八段から杉本昌隆八段のご両親への第一声は「この子は将棋が好きじゃないね」でした。

将子ちゃん

えっ?どういうこと!?
すでに、杉本昌隆八段は強かったのよね?

将棋ポータル編集部

はい。すでにかなりの棋力がありました。
そのため、期待を受けた杉本昌隆八段は将棋の英才教育をうけていたのですが、それが逆に、将棋を「すごい難しいものだ」と思ってしまうきっかけになってしまっていました。

将子ちゃん

なるほど・・・。
育成って難しいんだね・・・。

将棋ポータル編集部

大村和久八段はそれを一目で見抜いて「この子は将棋が好きじゃないね」とご両親にお話になられ、杉本昌隆八段が将棋を「楽しい」と思う指導をされる様になります。これが後々杉本昌隆八段が板谷進九段に弟子入り。板谷門下となるきっかけとなります。

STEP
奨励会入会
将棋ポータル編集部

杉本昌隆八段の奨励会入りは小6。板谷門下で研鑽をつまれます。
奨励会入会当初は板谷門下の方針もあり2年間居飛車で指されます。

将子ちゃん

へー。
門下ごとに居飛車とか振り飛車ってきまっているものなのかな。

将棋ポータル編集部

必ずしもそうではありません。
たとえば井上慶太九段の門下は、井上慶太九段が居飛車。弟子の稲葉陽八段は居飛車。弟子の菅井竜也八段は振り飛車などなど。むしろ師匠と弟子の作戦が違うことがほとんどです。

将子ちゃん

なるほど。
・・・ただ、板谷門下の場合は居飛車。だったのね。

将棋ポータル編集部

そうです。
が、これも絶対的なルールではなく「若いうちは居飛車で」という方針にとどまります。実際に杉本昌隆八段は、奨励会入会から2年ほど居飛車で指していましたが、まったく昇級できなかったため、振り飛車にした経緯があります。

STEP
棋士へ。
将棋ポータル編集部

杉本昌隆八段は、22歳のときに四段。棋士となられます。
最初の2年間は6級で足踏みをされましたが、その後、高1で初段など。
着実に実績を積み重ねていかれての四段昇段でした。

将子ちゃん

着実に実績・・・。
たしか、杉本昌隆八段って最近も順位戦で昇級されてるよね。
なんというか、安定してずっと強い気がする。

将棋ポータル編集部

そうなんです。
2019年に50歳で順位戦でB級2組に昇級されています。これは4番目の年長記録。杉本昌隆八段の強みの一つは「体力」ということですが、こういう実績をみていると、体力の大切さと杉本昌隆八段のカッコよさが改めてわかりますね。

STEP
育成。板谷一門としての想い。
将棋ポータル編集部

そして、現在。
杉本昌隆八段は、師匠として。藤井聡太竜王、齊藤裕也四段、室田伊緒女流二段、中澤沙耶女流二段を弟子として育成されます。

将子ちゃん

みんなすごい先生ばっかりだね!
藤井聡太竜王や齊藤裕也四段は奨励会三段リーグ1期抜け。室田伊緒女流二段も女流育成会1年2期での最短突破。中澤沙耶女流二段は女流棋戦優勝経験者!

将棋ポータル編集部

おっしゃるとおりです。
板谷門下の悲願のひとつ。「一門でタイトル獲得者を出す」は、杉本昌隆八段の弟子たちによって達成されました。

将子ちゃん

板谷進九段、大村和久z八段への恩返しのひとつの形・・・。
なのかな。将棋の師弟ってやっぱり素敵だね。

杉本昌隆八段にまつわるエトセトラ。

棋風

将棋ポータル編集部

杉本昌隆八段は「本格派」で「格式が高い」振り飛車党です。
板谷一門の「振り飛車はよくない」「若いうちは居飛車で」という方針もあり奨励会入会当初2年間は居飛車で指していましたが、勝てなかったために振り飛車にした経緯があります。

杉本の振り飛車は奨励会時代から定評があり、先に四段に上がった村山聖は「全振り飛車党の中で唯一の本格正統派」「メチャクチャ格調が高い」と評していた。また、共に第七回三段リーグを戦った藤井猛は、当時三段リーグにおいて振り飛車党が苦戦を強いられていた状況を踏まえ居飛車も指せるようになっていた方がよいのでは、と迷っていたところ、杉本が振り飛車を中心に指しこなしてプロになったのを見て「勇気づけられ」、翌期は振り飛車一本で臨み15勝3敗の好成績を残してプロ入りを果たした。

小林健二と共に藤井システム以前の非常にシステム化された振り飛車定跡を整備した功績がある。

引用元:wikipedia
将子ちゃん

へー!そうだんったんだ。
それにしても。一門の方針から外れるっていうのは勇気がいりそうだよね。

将棋ポータル編集部

わたしもそう思います。
とはいえ、杉本昌隆八段も奨励会入会後2年は居飛車で指されており、その間ずっと6級から昇級できなかったための決断ですので、年齢制限もある奨励会ではそういった決断も必要だったのかもしれません。

藤井聡太竜王との出会い

将棋ポータル編集部

藤井聡太竜王との出会いは2010年。藤井聡太竜王が8歳の時。
当時藤井聡太竜王が通っていた東海研修会で指導役のひとりが杉本昌隆八段だったことがきっかけです。

将子ちゃん

なるほど。
弟子入りの前から、藤井聡太竜王のことはすでにご存知だったんだね。

将棋ポータル編集部

はい。
藤井聡太竜王は幼少期よりふみもと将棋教室に通われていました。しかし、奨励会に入るにあたっては、日本将棋連盟所属の先生が師匠となる必要があります。そのため藤井聡太竜王のお母様から杉本昌隆八段に師匠になってほしいとの依頼があったそうです。

将子ちゃん

なるほど。
東海研修会で杉本昌隆八段に指導いただいて「この先生に師匠になってほしい」と思われたっていうことだね!

将棋ポータル編集部

おっしゃるとおりです。
すでに東海研修会にて、「藤井聡太竜王はモノが違う」と思っていた杉本昌隆八段は、ここで悩みます。
「わたしが、これほどまでの天才少年を、弟子にしてもいいのか。」「でも・・・。やはりどうしても弟子にしたい。」
そして、藤井聡太竜王を弟子とするにあたって、杉本昌隆八段は。並々ならぬ覚悟をもちました。

2015年のインタビューで、当時奨励会二段の藤井聡太について「彼がもし棋士になれなかったら、私は責任をとって引退しなければといった思い」と覚悟を語っている。

引用元:wikipedia
将子ちゃん

うわっ・・・。
藤井聡太竜王が棋士になって。タイトルを獲得して本当によかった・・・。

愛知の英雄

将棋ポータル編集部

杉本昌隆八段といえば、名古屋市を中心に、東海地方で熱心に普及に努め、地元では非常に人気が高い棋士です!

将子ちゃん

YouTubeをみていると、名古屋のテレビ局によく出演されていらっしゃるよね!

将棋ポータル編集部

そうなんです。
お話が面白いですし、年上年下関係なく、お相手をリスペクトされて話されるので見ていて安心します。
そして、2021年からは大阪府のマルエー食糧のテレビCMイメージキャラクターにも起用されました。人気は東海地方にとどまらずじわじわと全国区になりつつあります。

将棋コメンテーター

杉本昌隆さんのページ – Yahoo!ニュース

まとめ

将子ちゃん

なるほど。杉本昌隆八段のいままでの戦績。わかったよ!

将棋ポータル編集部

ありがとうございます。杉本昌隆八段の熱い戦いの歴史を知ってしまったら、もう。目が離せませんね!

今後も杉本昌隆八段の情報について、追記していきます。杉本昌隆八段の情報について、あなたの「ココが知りたい。」「こんな話もあるよ!」をコメント欄にて、ぜひお知らせください。

最後まで読んでいただき有難うございました!

\ 楽しい記事がいっぱい! /

騎士アーカイブ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よろしければシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京生まれ東京育ち。東京将棋会館の近所に長年在住。友人に誘われ小学生2年で将棋をはじめる。最近は四間飛車党。将棋を観るのも指すのも大好き。ホープ軒のラーメンとモスバーガーは青春の1ページ。ヤクルトファン。

目次